"地中海,ギリシア,エグゾホーラ,ザキンソス,ザキントス,exo chora"
島で一番古いオリーブの木が広場に立つ
Exo Chóra
Εξο Χώρα
エグゾホーラ
(ザキンソス島 −ギリシア)

い村が殆ど残っていないザキントス島で、1956年の大地震以前の面影を残している数少ない村の一つがエグゾホーラだ。
 数十軒の小さな家々が、村の真中のアギオス・ニコラオス教会を中心に寄り添うように立っている。教会脇にはプラタナスの大木、それから道路をはさんで反対には島で一番古いといわれている、見事なオリーブの老木が鎮座している[写真下]。

 その回りに、観光客向けにはカフェと土産物屋が一軒ずつ、あと村民用のカフェニオン、手作りの名産品の店が点在する。
 周囲には、ヴォリメス、カンビ、ナヴァリオ展望台、アナフォニトリア修道院など見所が多い。